目覚めよ!日本の氣。
地球上の生きとし生けるもの森羅万象
全ての喜びの為に、自ら喜びに生きよ。
やっとこさ笑う門にはほんまもんの福来たる!

そのまんま 土、空気、水、草木、虫、獣・・ 森羅万象みんなみんな

自然の恵みに
感謝して生きる。

合理化、効率化、生産性、収益 を求める生き方は、
自然の前ではアホらしい程無意味。いや、有害である。
人間の知恵の浅はかさが環境破壊を産んだ。
そのコトを知り、深く頭を垂れ、感謝をし、慎ましやかに生きる。
すると自然は自然に私にヒントをくれる。
そのヒントが素敵なの。楽しいの。
やってみると素晴らしいの。
笑っちゃうくらい面白いの。
夢中に遊んじゃうの。
「ありがとう」がいっぱいなの。
杉の林からのヒント
我が家の裏山。亡き父が栗山だった斜面に杉と檜を植林した。
父はいずれ成長した木が木材となって成長した子供達のお金になるだろうと、国の勧めるままに 我が家の山のほとんどを全て人工林にした。
残された母は、日の当たらなくなった裏山が土砂崩れで家を潰してしまうコトを心配し、なけなしのお金を払って業者に間伐してもらった。
お金になるどころか負担となっている現状に裏山の杉林に佇んでどうしたものか?と考えた。
春の山、下を見ても春の芽吹きが見つからない。上を見上げても日の光が入ってこない。西日本大豪雨の翌年に間伐してもらった2021春の山。

文章